コラム | FLOWERS ROOM | 静岡県磐田市にあるお花屋さん

コラム | FLOWERS ROOM | 静岡県磐田市にあるお花屋さん

コラム

  • Instagram
  • Facebook
  • ウエディングのお仕事も終わり

    やっとお店が落ち着いてきました。

     

    なんといっても当店は1人…

    仕入れから店頭業務に配達…

    出来る範囲が限られていて

    営業が不規則になってしまう事が

    心苦しいです。

    申し訳ありません泣

     

    FBとIGで不在や臨時休業などはご案内して

    いますのでチェックして下さいね。

     

    3月はお店のバタバタと娘の進学、引っ越しも

    あり駆け抜けた1ヶ月でした…

     

    でもお店も4年目に入りたくさんの

    オーダーにお応え出来るような状態

    には出来ていた…ような気がするような。

     

    3月はよくお客様に寂しくなるね

    と声を掛けてもらったんですが

    なんとそれが全く寂しくなくて!

     

    2人の子供達には18歳になったら1人暮らしです

    そう決まっているんです

    と伝えてあって私もそうなるとそこまでに

    育てあげなきゃいけないとなって

    伝えられる事はちゃんと伝えてきたつもり。

     

    それらは目には見えない事だしすぐに答えは出ないので

    私と娘が分かっていればそれでいいんです。

     

    だから自信を持って送り出したし彼女を信じてる。

    ほんとに120%楽しみ!

    これからどんな人生を歩むのか。

    何が起きても「そっち選ぶのね!」

    「そうやって歩いて行く訳ね!」

    って眺めていくんだろうと思います。

    あくまでも彼女の人生は彼女のもの、

    私に報告さえいらない気がします。

    相談は乗ります♡

     

    進学先の保護者説明会でアンケートが配られたんですが

    ご意見、ご感想の欄にこう書きましたヨ。

     

    「私自身、仕事で色んな職種の方とお話しますが

    大事な事は何をするかではなく誰がするかだと

    本当に思います。

    皆さん色々悩み考え、自分なりに答えを出して真摯に

    仕事に向き合っています。

    今は我が子を信じて、この学校でたくさんの事を

    学んで素敵な大人になってもらいたい、そう思って

    送り出したいのとあとは彼女の将来がとっても楽しみです!」

     

     

     

  • 今年もあっという間に最終月

    12月はイベント出店や生花のオーダー、

    あとはお正月に向けてしめ縄飾りや限定アレンジメント

    の作成と忙しくなる…といいな。

     

    という事で今月もよろしくお願いします。

     

    そうそうつい先日私いい事ありましたー。

    いつも仕入れをする仲卸のフローラさん。

     

    いつも仕入れは時間がかかってしまうので

    基本誰とも喋らずに独り言を言いながら

    花を選んでいるのですが…(危ない人)

     

    スタッフの方が声をかけてくれて、

    新井園芸さんのブログからFLOWERSROOMのHPに

    とんでくれたらしく…

     

    ナチュラルなテイストの花も写真もブログも

    見させてもらって感動しました。

    こんな素敵な花屋さんがうちで買った花を

    使ってくれてるなんて嬉しいです!

     

    って。

     

    う…嬉しい。

    嬉しい×10。

     

    頑張ろー‼︎

    普段から早くFLOWERSROOMという店のカラーを

    持ちたいって思ってるんですが最近少し見えてきた

    気がします。

    FLOWERSROOMにしか出来ない事ってきっとある気がする。

    自分の感性と感覚が花にも文章にも写真にも現れるから、

    それが見えてきた気がします。

     

    ふふふふふふ。

     

     

     

     

     

     

  • きのうはあるお客様にお花のプレゼントを頂きました。

    1輪のピンクのガーベラ…

    そのお客様はいつも30分かけて歩いてお店に花を

    買いに来てくれる子。

    自分の為に2本とか3本とかお気に入りの子を

    じっくり選んでくれてまた30分かけて帰っていく。

    とっても丁寧で優しくて素直で面白い素敵な彼女。

     

    何度かお店に来てくれて花以外の話も少しずつ増えていって

    前回来てくれた時にはいつもよりたくさん話をしました。

     

    私はいつも通りだった気がする。

    子供の事とか自分の気持ちとか考えとかをいつも割と

    オープンにお客様に話をしていて。

     

    彼女はね泣きながら私に感謝の言葉とガーベラをくれたんです。

    彼女は他の同年代の女の子達とは違う人生を歩んできた。

     

    大人になるにつれて自分のしたい事と出来る事と

    しなきゃいけない事の中で誰もが安全な道をコツコツ作っていく

    事を選ぶけれどそれが歩みたい道なのかをいちいち立ち止まって確認

    してはいられない。

     

    みんなそんなに強くは無いし、1人で生きてるわけでは無いから。

    でも私は人よりは強いほうな気がするし、とても欲張りでラッキーだったので

    明日死んでもきっと後悔はしない。

    そう思って生きてる。

    自分のやりたい事をやっているって事で。

     

    あとはお客様に本当に恵まれた。

    私を受け入れてくれる方達ばかりです。

     

    だからこの店にいる時間を楽しんでもらう為に

    花を売るだけじゃなくてディスプレイをこだわったり

    接客を丁寧にしたり…花の付加価値っていうかここに来て

    よかったって思ってもらう事の為に全ての仕事がある訳で。

    私は花よりも人が好きでこの仕事を一生していこうと

    決めたので本当にこの状況は恵まれてるんです。

     

    彼女がくれた言葉はそれを3年やってきたご褒美かな…

     

    お花屋さんと話して私も自分のやりたい事をやろうって!

    出会えて良かったし大好きです!

     

    彼女の人生はこれから180度変わっていきます。

    10年東に向かって歩いていたのを西に向かって歩いていくようなもので。

    でも今生きたい道を選択したんです。

    とっても楽しみだしこんな事があるんだなーって

    いつも来年この店があるか分からないって思ってる自分の

    背中を叩いてやりたい気分です。

    続けなきゃいけない。

    こんな幸せな事があるなんて!

     

    彼女は数ヶ月後にここを離れてしまうけど私はきのうの事をずーっと

    忘れないだろうなー。

    彼女が往復1時間かけて花を買いに来てくれていた道中、

    どんな気持ちでいたのかを考えるとぎゅーっと胸が

    締め付けられる。嬉しさと切なさともうなんだか色々と。

     

    一緒に泣いちゃったねー。

    ガーベラ大切に飾ります。

    ありがとう。

     

     

    ………でもなー私どっちかと言ったら男にモテたいなー笑

     

     

     

     

     

     

  •  

    今日は子供の話。

    今月は中学校へ出向いて子供達と話をする機会が

    立て続けにあった事もあり、改めて大事な事を思ってみる。

     

     

    我が家の娘さんは現在高校3年生。

    ここから大きな人生の選択をする時。

     

    ここまで来るとひと区切りのような気持ちに

    なって子育てを振り返ってみる。

    今まで良かれと思って色々厳しい態度もとってきたけれど

    自分の思い通りに子育てが出来たかつまりは思い通りに

    育ったかというと全然育ってません笑

     

    というか思い通りって何でしょうね…。

    どんな風に育ってほしかったんでしょうね…。

    娘の人生は娘が歩むし、私の人生は私が歩む。

    人の人生が歩む道を勝手に作るなんて失礼極まりない話。

     

    だから親は子供を認めなきゃいけない。

    1人の人間として、自分で決めた道を自分で歩いて行けるように

    社会に出るまでにちゃんと育てあげなきゃいけません。

     

    その為にはよーく観察しなきゃいけません。

    いつだって学校の先生に感謝しなきゃいけません。

     

    そうすると子供のいい所をたくさん発見出来ます。

    それが認めるって事だと思うんですよね。

     

    私が一生忘れないであろう娘さんとのエピソード。

    泣きじゃくる私の目をまっすぐ見て

    「大丈夫。ママは自分の夢に向かって頑張ればいい。」

     

    当時小学校低学年だった娘さんは

    この前ぼそっと

    「ママは人を喜ばせる仕事をしてるでしょ?

    私は人を助ける仕事をしたいんだよ。」

     

    去年の三者面談で担任の先生が

    「この子の他の子と違うところは将来を前向きに捉えて

    いる所です。みんな不安や心配を口にするけどこの子は

    あれもしたいこれもしたいと言って将来を非常に明るく

    捉えているんです。」

     

    私は我が子にとっても期待してるんです。

    きっと人の為、社会の為にいい仕事をする大人になる。

     

    自分でちゃんと道を見据えてる、普段の何気ない言動を

    先生の言葉を聞き逃してはいけません。

     

    私が彼女の事をちゃんと認めてあげれば彼女も

    きっと他者を認める。

     

    他者を認めるってすごく大事な事だと思っていて、

    それって人を思いやる事。

     

    それが出来ればきっと素敵な仕事が出来る。

     

    もう娘に口出しする事は何も無いですが唯一

    言うとしたら他者を認めなさいかな。

     

    でもそれも小学校低学年の時に出来ているので

    大丈夫か。

     

    だから娘さん私の人生にももちろん口出ししちゃだめ

    だからね笑 (これが娘さんからしたら一番怖いでしょうねー)

     

    これからはもっともっと

    お互いを認め合える関係になりたいなーと思います。

     

    だから私も人生ガンガン攻めなきゃね。

     

    あー危なっかしいお母さんだこと…笑

     

     

    とにかくお母さんはあなたにとっても期待しています!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 梅雨入り…雨が降れば気温が下がるのでお花の事を考えるとほっとしつつ、これがあけたら夏ですね。

    そしたら秋で冬…。

     

    先日森町の遠江高校に行って来ました。(話の流れむちゃくちゃな…笑)

     

    キャリア教育の一環でさまざまな職業の大人が講師として

    子供達に講話をする。

    そこにお誘い頂き参加をして来ました。

     

    小学校と中学校には行った事があったのですが高校は初めて。

     

    高校生ってどんな感じだったと思います?

     

    すっごく可愛いですよほんとに。

     

    私対生徒は4、5人を2グループ。

    男の子も女の子もいて色んなタイプの子がいて。

     

    私が自分の言いたい事を言うだけなんて意味が無いので高校生の今、親や先生以外の働く大人に対して聞きたい事をまずは教えてもらって。

     

    みんなには社会はどう見えている?

    大人達はどう見えている?

    そこへ向かう途中でどんな事を感じているのかを。

     

    高校生はそこまでの距離が近いからとってもリアルでした。

     

    夢や希望を持ちたいけれど現実はそんなに簡単じゃないかもしれないって。

    私はとてもラッキーな事に好きな事を仕事に出来ているので

    安易に言ってはいけないと思いつつもやっぱり夢と希望を持って未来を明るく見据えてもらいたいなって思いました。

     

    だから今はとにかく好きな事を一生懸命やってもらいたい。

    でも自分1人で頑張らないで、周りの大人達にたくさん頼って甘えて、

    たくさん力を蓄えて社会に出て行くんだよ。

     

    たくさん力を蓄えたら好きな事をやり続けられる、

    やり続けていると必ず誰かが見てくれていて受け取ってくれる。

    それが分かると仕事が自分の為ではなく誰かの為にあるって事を考えるようになってくる。

    もっともっと頑張りたいって思うその人の仕事は社会を作る。それが受け継がれていく。

     

    だから大人は子供達に見せなきゃいけない。伝えなきゃいけない。

     

    みんなの事が1番大事だからその為に今日はここへ来ました。

     

    私前にもこの内容書いていますよね…そう結局伝えたい事は一緒で、どんな言葉でどこから入っていけばみんなに届くかなぁってそこが考えなきゃいけないところです。

     

    でもこの日高校生のみんなは私の目をちゃんと見てましたよ。

    素敵な笑顔も見せてくれました。

     

    それが実は1番大事で、ずーっと持っていてもらいたいです。

    自分がどんなにいいものを持っていたとしてもそれを受け取ってくれる人や認めてくれる人がいないと仕事は成り立たない。

    だって今日まさに私はここに来て良かったなーって思ってる。みんなの為にもっといい事を伝えたいって思ってる。

     

    自分1人で出来る事なんてほんとに少ししかないから。

     

    来月は中学校に行ってきます。

    またみんなの笑顔に真剣な眼差しに会えるように色々考えてみなきゃ。

    ほんとに子供達はみーんなかわいいです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

Popular